日本薬剤師研修センターの受講シールについて

本学術大会のライブ配信セッションについて、日本薬剤師研修センターの集合研修において令和3年3月31日までWeb会議ツールを使用した受講を許容する「いわゆる座学による研修会の実施方法に関する時限的特例について」に基づき適用を願い出ていましたが、本学術大会で使用する木村情報技術株式会社の「3eLive」方式でのライブ配信は日本薬剤師研修センターの指定する「Web会議ツール」に該当しないとの判断で、残念ながら日本薬剤師研修センターの集合研修としての適用は認められませんでした。また、オンデマンド配信につきましても、時限的特例では認定の対象として認められておりません。従いまして、本学術大会から日本薬剤師研修センター受講シールの発行はございません。

また、日病薬病院薬学認定薬剤師制度の研修単位シールを日本薬剤師研修センターの認定申請に使用する際必要となる「受講証明書」につきましても、発行には対応できませんので、何卒ご了承ください。

参加登録時に日本薬剤師研修センター受講シールを希望された方で日本薬剤師研修センター受講シールが発行されないことにより、学術大会参加の辞退を希望される方には、すでに入金された参加費の返金に対応いたします。なお、参加登録時に日本薬剤師研修センター受講シールを希望された方には、参加登録時にご登録いただいたメールアドレス宛に、参加辞退の手続等について、別途ご案内を差し上げます。

どちらでもよいを希望された方には、日病薬病院薬学認定薬剤師制度の研修単位シールを発行しますので、返金の対象とはなりません。

一般演題の口頭発表及びポスター発表の視聴は日本薬剤師研修センターの自己研修として申請可能です。

自己研修における受講シールの申請については、以下の日本薬剤師研修センターWebサイト中の各ページをご参照ください。

なお、日病薬病院薬学認定薬剤師制度の単位が発行されるセッションは自己研修による単位請求の対象とはなりませんので、ご留意ください。

  • 研修認定薬剤師制度の実施要領は、こちらをご参照ください。
  • 自己研修における研修の単位(受講シール)の取得については、こちらをご参照ください。
  • 自己研修による研修の単位の取得方法は、以下の2つがあります。
    ①書面での単位請求方法は、こちらです。
    ②薬剤師研修支援システムでの単位請求方法は、こちらです。